地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、松戸の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

松戸の地域情報サイト「まいぷれ」松戸市

新松戸まちゼミ

第4回 22. 新松戸中央総合病院

体幹トレーニング ~キレイな姿勢を保つために~

2015/05/16


5月15日(金)14:00~
【テーマ:体幹トレーニング ~キレイな姿勢を保つために~】
講師: 理学療法士 本庄 貴大さん、深澤 由裕さん
参加者:男性1名、女性9名 計10名

誰もが持っているちょっとした体の悩み・・・。
前回は足のお悩みに対する講座でしたが、今回は加齢とともに姿勢が悪くなった、動くと腰や足が痛む・・・などの悩みに応えて「体幹トレーニング」という興味深い内容の講座でした。

体幹とは頭・腕・足を除く部位で解りやすく言えば「胴体」の部分です。
腰が曲がる原因は加齢による脊椎や椎間板の変性によるものです。
変性が進むにつれ、椎間板ヘルニアや脊椎すべり症、さらに進むと脊柱管狭窄症になってしまいます。
背中や腰が曲がることによって大きな負担がかかる関節や筋肉が増えてしまいますから、腰痛や筋肉痛に悩まされることも多くなります。
まず、新松戸まちゼミについて説明とご挨拶がありました。<br>
まず、新松戸まちゼミについて説明とご挨拶がありました。
体幹について勉強しました。姿勢が悪くなるとどうなるのか、キレイな姿勢を保つにはどうしたらいいか、興味深いお話が続きます。<br>
体幹について勉強しました。姿勢が悪くなるとどうなるのか、キレイな姿勢を保つにはどうしたらいいか、興味深いお話が続きます。
普段使わない筋肉や関節を柔らかく保つことが大事です。さぁやってみましょう!痛いほど、疲れるほど、やらなくていいんです。
普段使わない筋肉や関節を柔らかく保つことが大事です。さぁやってみましょう!痛いほど、疲れるほど、やらなくていいんです。
「そうです、できてますよ~」一人づつチェックしていただきました。
「そうです、できてますよ~」一人づつチェックしていただきました。
普段あまり動かしてない筋肉を毎日少しづつ動かすことで、かつては日常生活の中で自然に動いていた筋肉が目を覚まします。
普段あまり動かしてない筋肉を毎日少しづつ動かすことで、かつては日常生活の中で自然に動いていた筋肉が目を覚まします。
横になって腹式呼吸(息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにへこませていく)
横になって腹式呼吸(息を吸うときにお腹を膨らませ、息を吐くときにへこませていく)
綺麗な姿勢を維持するには、体幹の可動域を維持すること、使わないことで固まってしまうのを防ぎ柔らかく保つこと。
横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋の機能を保ち腹圧を高い状態に維持したままで日常生活を送ることができるようにする。
そのために、今日教えていただいたトレーニングが役に立つんですね。
ちょっとした時間にできる筋肉のストレッチや筋トレ、続けてみてはいかがですか?

※運動は痛みが出ない範囲で無理をしないで行う。
※「体を動かして気持ちいい」と感じる程度の回数を実施してください。ヘトヘトになるまでやるのはNGです。
※目標は一日15分~20分を1~2回。忙しいようなら、思い出したときに腹式呼吸やお尻の穴を締めながら生活するだけでも結構です。

※大事なのは習慣付け。習慣になるまでは一日一度だけでも思い出してください。

新松戸中央総合病院ホームページはこちら

まちゼミのコンセプト
「専門店主が講師となってプロならではのコツを無料で教える少人数のゼミナール」
に納得の「まちゼミ」でした。

皆様のご参加をお待ちしています!

人気のキーワード